ジムニー改め アルト マイ ライフ: ジムニーにコンパウンドをかけてみた4

2018年9月2日日曜日

ジムニーにコンパウンドをかけてみた4

注意、この作業は車の塗装状態によっては取り返しの付かない事態になります。
自己責任でよろしくお願い致します。実際、塗装剥げが多くなってきていますので、
年式の古い車の方はご注意ください。


今回は向かって右側面のコンパウンド施工をしていきたいと思う。
昨日は雨が降ってせいで車体がしっとり濡れている。





 今日やっていくのはドアから後ろ側の部分、



まずは水洗い。一週間分の汚れを落としていく。



次はタオルで拭き上げ。この時点で塗装剥げがないか確認しておく。




そしてコンパウンド9800を施工。




 なるべく一定方向、均一に。



終わったら丹念にシャワー洗い流す。




そしてタオルで拭き上げる。




更にマイクロファイバークロス(白)拭き上げ。



やはりコンパウンドをかけると輝きが増すような気がする。
作業は自己責任で。

続いてガラス系コーティング材Permaluxeを施工していく。



もう一度シャワーをかけて、



写真はないが、Permaluxeを全体に施工してから、タオルで拭き上げ。




マイクロファイバークロス(ピンク)で仕上げる。




完全な自己満足の世界。テッカテカになっていく。
ちなみにガラス系コーティング材Permaluxeは今回でなくなってしまったので
残りのリア部分は再び同じものを買ってくるか、他社製品を買うかは未定である。





最後は全体を水洗いして終了。




今週も車が綺麗な状態で、仕事に行けて、
気分は上がる。





さてさてコンパウンドの問題である塗装剥がれ。
どうしても塗装面を削ってしまうのか、
今回も発見したのでタッチペンで補修していく。




補修後、いくらかは目立たなくなったのではないか。





上にも書いてあるが、
ガラス系コーティング材Permaluxeは今回でなくなってしまったので
リア部分は別の機会である。

天井は塗装状態が悪いので、コンパウンドをかけず、
そのままガラス系コーティング材を施工していくことになると思う。