ジムニー改め アルト マイ ライフ: 10月 2018

2018年10月30日火曜日

ジムニー、シエラ、アルト、新車で買うと維持費はどんな感じ?

3年間のザックリした維持費

月々のローンの事は一切考えていない、維持費だけの計算です。
オイル交換代も除いています。

1年10000キロを走ることで、燃料費は計算されています。


アルト F 新車見積 1,056,000円
MT フルタイム4WD

燃費 25.2
1か月の燃料費 4,900円
1年間の燃料費 58,800円(一リットル150)
燃料費 3年 176,400円

車検 78,000円
税金 10,800円 3年で32,400円

冬タイヤ 31,500円(ヨコハマ)
夏タイヤ 31,100円(ヨコハマ)

3年維持費 349,400円



ジムニー XG 新車見積 1,586,000円
MT パートタイム4WD
燃費 16.2
1か月の燃料費 7,700円
1年間の燃料費 92,500円(一リットル150)
燃料費 3年  277,500円

車検78,000円
税金10,800円 3年で32,400円

今乗ってるジムニーからそのまま移設できるため。タイヤ代は0円
冬タイヤ 0円(67,000円)
夏タイヤ 0円(65,500円)

アルトとの燃費差額 101,100円

3年維持費 387,900円
(タイヤ代付)3年維持費 520,400円



ジムニーシエラ XL
新車見積 1,941,435円
MT パートタイム4WD
燃費 15
1か月の燃料費 8,300円
1年間の燃料費 100,000円(一リットル150)
燃料費3年 300,000円

車検 100,000円
税金 34,500円 3年で103,500円
冬タイヤ84,000(ヨコハマ)
夏タイヤ82,000(ダンロップ)

アルトとの燃費差額 123,600円

3年維持費 669,500円





アルトF  新車見積 1,056,000円
3年間維持費   349,400円


ジムニーXG  新車見積 1,586,000円
3年維持費 387,900円
(タイヤ代付)    3年維持費  520,400円


シエラXL 新車見積 1,941,435円
3年維持費    669,500円
  
タイヤ代に関しては、もっと安くできる可能性があるので、参考までにです。                                  

これでプラス月々の車のローンである。

これ、アルト最強じゃね?

シエラは夢のまた夢だなぁ(´・ω・`)

でもアルトだと冬道が心配でなぁ。

追記 
なぜMT車かというとスズキのMT車であれば、カタログスペックと大差ない燃費が出るためです。

AT車はカタログスペックとの開きがあり過ぎるので。





 

2018年10月28日日曜日

ジムニーのフロントバンパーを外してみようとしたが、、

結論、はずせなかったぁ(´・ω・`)

今日も朝も明けきらぬうちから作業開始。ってこの週末のこの時間しか作業できないのだ。

ちょっとまだ薄暗い。
まずはフロントグリルを外ずす。
ここまではオーケー。


アンダーガーニッシュ?をはずそうと試みるも外せない。



取り合えるず外せる場所はやっていく。






んで、一番の難所がここ、フェンダー裏の隠しボルト。
これを外さないとダメらしいが、ここが外れない。
朝早起きしたが時間はあまり残されていない。
気は焦ってくる。




結局外せなかった。事前にyoutubuの動画で確認したんだがなぁ。




仕方ないのでグリルを外した後の掃除に入る。隙間に結構汚れが溜まっている。




今回は勉強不足というか、勢いでできるだろうを思ってしまったのが、間違いだった。

ちらっと見えた範囲ではやっぱりバンパー裏のところにひどい錆びがある。

これを雪が降ってくる前になんとがしなくては。

昼間完全に明るくなったときに見てみると外れなかった原因が判明。

ピンが一か所外れていなかったようだ。

これは昼間に時間を作ってやらないとダメだなぁ。


2018年10月23日火曜日

自衛隊のトラックと新型ジムニーを見てきた


近所のイベントで自衛隊車両の展示をやっていたので、撮ってみた。

(隊員さんには許可を取ってます)

おそらく、自衛隊「七十三式小型トラック」


元となったのはパジェロだという。

むっちゃカッコイイ。



写真を撮っていいですか?と隊員さんに聞いたら「どうぞ」
とのこと。目をキラキラと輝かせながら撮っていたら、

「自衛隊に興味があるですか?」

と隊員さんに聞かれたので、

「こういう車が好きなのです」

と答えたら、

「それは興味があるということです。自衛隊に入りませんか?」

と勧誘された。勧誘されるとは思ってもみなかった。

「すいません、もう36歳なのです。」

とお断りしたら。(募集は33歳までだったはず)

「同い年じゃないですか、乗って写真を撮っていきませんか?」

と誘われたが、まだ仕事中ですのでと遠慮しておいた。(仕事中に撮るな)

ありがとうございます、隊員さん。

パンフレットも欲しかったが、自分の行った時間にはもうさばいてしまっていた

ようだ。代わりに予備役もあるよと「ガイダンスB」をもらってきた。





下の写真の内装、これはもうたまらない。AT車のようだ。自衛隊車両はMT車かと

勝手に思っていた。





ビニール張りのシートを車内の内装





ドアのパネルには恐らくは銃をストックしておくホルダー。

カッコイイ。





窓ガラスは横に開閉する仕様のようだ。
これは渋い。



帰ってきた色々と調べたら、スズキでも自衛隊に納入している車両があるらしい。

下記はみんカラからの転載です。


防衛省自衛隊向け、スズキ1/4tトラック

出典元みんカラ

画像引用元サイトURL




むっちゃカッコイイではないか?ジムニーの理想の形とはここにあったのだ。


んで、同じ会場で新型のジムニーも展示されていたのでついでに撮ってきた。

上の写真を見つつ、新型を見ると、もし買うのであれば

車体の色はグリーン一択のような気になる。


でもスぺリアルホワイトにオプションのSUZUKIロゴが入ったグリルも

捨てがたいんだよなぁ、

と購入予定もないのに妄想してしまうのであった。












2018年10月22日月曜日

久しぶりのジムニー洗車

久しぶり(2週間ぶり)のジムニーの洗車である。

前回UPした


のすぐ後、時間的には30分くらいしか余裕がなかったが、2週間以上はちょっと我慢できないのでさらっとシャワーで洗車することにした。

で、今回の新戦力「洗車スポンジ」である。

普通に近所の量販店に売っている300円以下の品物であるが、自分の洗車道具の中に

なぜかこの普通のスポンジがなかったので購入してみたのである。





フレームはノックスドールを吹いた直後なので水はかけないように上からさらっと

シャワーしていく。





そしてこのスポンジ。うん以前まで使っていたプラスチックスポンジに比べて

厚みがある分、優しく洗えて使い安い。

やっぱり買っておいてよかった。




水分を含ませながら全体を洗っていく。




その後またシャワーで汚れを洗い流していく。



フレームにはかけないように慎重に。





次はこのシュアラスター・ゼロウォーターの出番。ワックスと比べって大分使い安い。




ささっとスプレーをして、





セーヌタオルの方で拭き取っていく。
全体にこの作業を行ったら。




乾拭き用のタオルで水滴をふき取っていく。




うん、テッカテカ。



テッカテカ。



久しぶりの洗車で気分も乗ってきたので、嫁にちょっと写真撮ってくると

断りを入れて近場の丘までジムニーを走らせる。

普段よりちょっと大きめの写真。生憎の曇り空だけどしょうがない。

撮りたくなってしまったのだ。











どノーマルのインチアップもしていない。MTタイヤもはいていないジムニーだけど、

最近かわいくて仕方ない。

10年以上も一緒に走ってきたのだ。

出来るだけ長く乗っていきたいものだ。

といいつつ、新型はいいなぁと思ってしまう今日この頃でございました。




2018年10月21日日曜日

ジムニーのホイール錆取りとノックスドールその4

注意!!
今回の作業で使用するノックスドールは公式のHPを見て正しくお使い下さい。

ジムニーのホイール錆取りとノックスドールということで、今回で一段落である。

前回のシリーズは下記の通りです。



ジムニーのホイール錆取りとノックスドールその3


ジムニーのホイール錆取りとノックスドールその2


ジムニーのホイール錆取りとノックスドール



錆取り職人の朝は早い。


今回も朝5時からの作業スタートである。


シリーズとしてリア右側のホイール錆取りとノックスドールとやっていきたい。



朝焼けに染まる我がジムニー。






さあ、ホイールナットのネジを緩めてジャッキアップだ。




表側はこんな感じ。アルミホイールの腐食もそこそこ。



裏側は錆びまみれ。

ここにこのホルツの錆取りクリームを塗っていく。足りないと感じたので、

一本追加で購入した。





表面に塗りっと。手とタオルでクリームを伸ばしていく。



裏側は手で伸ばしていく。タオルだと上手く伸びていかない。





塗り終わったので5分から10分放置。


説明書には10分と書かれていたっけ。





待っている間にノックスドール900を吹いていく。





フレームに空いている空洞部分。見ての通りこの中に土が溜まって、中が錆びている。


タイヤハウスの中、上の部分もノックスドールが剥がれてきている。




スプリングの下の付け根あたりも錆び。



この空洞には一応土を取り除いでから仲間でノックスドールを吹いていく。




穴2か所目。こちらにもたっぷりと。




タイヤハウス前側のフレームのつなぎ目のところ。ここも錆び。



吹いていく。



あとはタイヤハウス中の上側だとかちょっとノックスドールが薄いんじゃないのと

いうところに予備で吹いていく。


これでノックスドールは終了。一冬越して、来年の6月には車検なのでその時は


整備工場でちゃんとやってもらおう。


今年一冬の一時しのぎである。






次はホイール錆取り。このようにぬるっと錆が取れていく。




表側もスポンジヤスリで艶消ししながら、錆取り。



裏側もタオルでふき取るだけではなく、スポンジヤスリでヤスリながら錆を落としていく。

大体取れただろう。




最後に水洗いで終了。錆取りクリームが残っていると白く固まるので、水洗いは

丹念にしていく。





ホイール取り付け完了。



さあ、今回でホイール4本の錆取りとついでにノックスドールも終わったわけだが、

ノックスドールに関しては一冬の一時しのぎにしかならないだろう。

やらないよりはましである。

ホイールに関してはもう少し時間をかけれは綺麗に艶消しできるので、

雪が降る前、時間を作ってやっていきたい。

その前にバンパーを外して錆の確認をしないと。

素人にうまく外せるか?

まずはやってみよう。