ジムニー改め アルト マイ ライフ: ジムニーのホイール錆取りとノックスドールその4

2018年10月21日日曜日

ジムニーのホイール錆取りとノックスドールその4

注意!!
今回の作業で使用するノックスドールは公式のHPを見て正しくお使い下さい。

ジムニーのホイール錆取りとノックスドールということで、今回で一段落である。

前回のシリーズは下記の通りです。



ジムニーのホイール錆取りとノックスドールその3


ジムニーのホイール錆取りとノックスドールその2


ジムニーのホイール錆取りとノックスドール



錆取り職人の朝は早い。


今回も朝5時からの作業スタートである。


シリーズとしてリア右側のホイール錆取りとノックスドールとやっていきたい。



朝焼けに染まる我がジムニー。






さあ、ホイールナットのネジを緩めてジャッキアップだ。




表側はこんな感じ。アルミホイールの腐食もそこそこ。



裏側は錆びまみれ。

ここにこのホルツの錆取りクリームを塗っていく。足りないと感じたので、

一本追加で購入した。





表面に塗りっと。手とタオルでクリームを伸ばしていく。



裏側は手で伸ばしていく。タオルだと上手く伸びていかない。





塗り終わったので5分から10分放置。


説明書には10分と書かれていたっけ。





待っている間にノックスドール900を吹いていく。





フレームに空いている空洞部分。見ての通りこの中に土が溜まって、中が錆びている。


タイヤハウスの中、上の部分もノックスドールが剥がれてきている。




スプリングの下の付け根あたりも錆び。



この空洞には一応土を取り除いでから仲間でノックスドールを吹いていく。




穴2か所目。こちらにもたっぷりと。




タイヤハウス前側のフレームのつなぎ目のところ。ここも錆び。



吹いていく。



あとはタイヤハウス中の上側だとかちょっとノックスドールが薄いんじゃないのと

いうところに予備で吹いていく。


これでノックスドールは終了。一冬越して、来年の6月には車検なのでその時は


整備工場でちゃんとやってもらおう。


今年一冬の一時しのぎである。






次はホイール錆取り。このようにぬるっと錆が取れていく。




表側もスポンジヤスリで艶消ししながら、錆取り。



裏側もタオルでふき取るだけではなく、スポンジヤスリでヤスリながら錆を落としていく。

大体取れただろう。




最後に水洗いで終了。錆取りクリームが残っていると白く固まるので、水洗いは

丹念にしていく。





ホイール取り付け完了。



さあ、今回でホイール4本の錆取りとついでにノックスドールも終わったわけだが、

ノックスドールに関しては一冬の一時しのぎにしかならないだろう。

やらないよりはましである。

ホイールに関してはもう少し時間をかけれは綺麗に艶消しできるので、

雪が降る前、時間を作ってやっていきたい。

その前にバンパーを外して錆の確認をしないと。

素人にうまく外せるか?

まずはやってみよう。