ジムニー改め アルト マイ ライフ: 現状報告。

2018年11月18日日曜日

現状報告。

再三の前ふりはしてきたけど、来年にはジムニーを降りざるを得なくなかった。

理由としては下記の通りである。


1,来年で新車登録から13年目。税金が高くなる。

2,次の車検は来年の6月。

3,走行距離が14万キロに迫ろうとしているなか、これからエンジン、ミッション、タービンと足回り、大きい出費が増える可能性が高くなってくる。

4,燃料費の高騰。

5,16インチというタイヤサイズでタイヤの値段が高い。

ここからが本命。

6,リフォームと土地取得が数年以内に控えていて、そのローンを組んだら生活がカツカツになり大きい出費はできない。

7,息子が今回の手術で右目を摘出することなった。そのため義眼となる。


7が一番大きい。6も大きいけども。


ブログ開設当初は7が無かったので、今のジムニーを維持しながらなんとか大丈夫なんではないかと思ってもいた。
だか今回の息子の手術で今後の生活が変わっていくとなると、なんともし難い。


息子は生まれたすぐ後から闘病生活をしており、とうとう今回の手術で右目を摘出することとなった。

そこでの心境の変化も大きいかもしれない。これからかかる経費を考えていくと、自分の意地で軽自動車といえども、維持費が高いジムニーに乗っていくのは困難だろう。


でも回りの人の反応からすると、むしろ逆だった。

嫁なんかは「どうせ買うなら新型ジムニー買ったら?」
と言ってくれたくらいだ。好きな車に乗った方が後悔しないだろうと。

お義父さんは「そこまで(ランクを)落とさなくてもいいんじゃないか?」とも言っていた。

会社の同僚も、やはりアルトとなると難色を示したきた。

まぁ自分がジムニーどんだけ好きかを分かってくれての発言も多かっただろう。


だか、やはり、これからの生活を考えると少しでも出費を押さえたい。
そこで、車検のタイミング的にも、税金が上がるタイミング的にも、来年の3月までしか大きく動ける時間はないと判断した。

幸い、今ならば頭金を相当額支払えるので、支払い期間を長くすれば、月々の支払いはジムニーの燃費とアルトの燃費の差額。とあるところに毎月貯めている定期預金をやめることによって、何とかなりそうな計算だ。


んでもって、アルトと言えど様々なグレードがある。

その中で自分が選んだのは

アルト F MT 4WD

である。

グレード的には一番下。5AGSという選択肢もあるけど。長く乗るなら余計な複雑さはいらない。MT車の方が維持しやすいと考える。

燃費を考えるとグレードを一つ上げて4WDのCVT車の方がリッター33キロ走る。

だけど、ここまで言って言うのもなんだか、自分はMT車に乗りたいのだ。その方が絶対楽しい。(本音)

MTの4WDならアルトワークスもあるじゃないかと嫁はいったが、それだったら新型ジムニーとほぼ同じ値段。新型ジムニーを買うわ、と答えた。


自分は家庭の事情で両親がそろっていたわけでもなく、母一人に育てられた訳だけれども、その母が乗っていたのは大抵アルトかミラであった。

この中でも印象に残っているのが、初代か2代目かどちらかは定かではないが、アルトのカラーは赤。

自分はアルトによって育てられたとも言っていい。(ミラもだけど)

今度は自分が子供を育てる立場。ここは原点に帰ってアルトに乗ってもいいんじゃないかな。

そして、そのアルトを17年乗ってやる(もし息子が大学までいったなら卒業する頃)

流石にそれは雪国では無謀か(笑)