ジムニー改め アルト マイ ライフ: アルトの思い出。

2018年12月28日金曜日

アルトの思い出。

アルトの思い出である。

小さな頃、色々ゴタゴタあって、父親が蒸発して、引っ越し。
んで、母に女で一つで育てられたわけだけど、


その中で、思い出の車として母が乗っていた初期型アルトがある。
車体が赤とバンパーは黒だったか?
とにかくそれに長く乗っていたと思う。


最近聞いた話しだか、その初期型アルト、24万キロまで走ったということだ。
この雪国でである。

昔のモノって全然壊れない印象があるが、普通に24万走るとか凄いな。

車の電装系、ケーブル系の会社に長年勤めていた母曰く、
余計な電装があるから今の車は壊れやすいらしい。
(根拠とかないけどね)

そんな思い出を思い出しながら、アルトのパンフレットを眺める。






来春から、アルトに替えるのだが。
まぁ、自分も子供を育てる立場になって、母と同じくアルトに乗る。
なんだかドラマチックではないか?


(いや、うん、本音はジムニー乗りたいよ)


この10年、いや17年か、子供がどんな進路に進むのかはわからないが、家のリフォームと土地取得と学費。もういっぱいいっぱいである状況でロマンを求めてもしょうがない。
リアルを生きようではないか。

ただ心残りなのが、最近知ってしまったジムニーソロキャンプである。
あと10年早く知っていれば(´・ω・`)

まあ、そんな険しい山道に入って行かなければ、アルトだって十分キャンプできるだろう。
道具を揃えないといけないけど。


子供が小さいうちに行きたいよなぁと。大きくなったら、自分の楽しい世界を見つけるだろし。


車体の色はブラックに決めた。
ホワイトだと、業務用っぽいし、レッドは妻がタントカスタムの赤に乗ってるので、
もろに被って恥ずかしい(  ;∀;)
(赤も良かったんだけど)


どうやら今乗っているジムニーも下取り出来そうな感じだ。

走行距離は14万に迫っているけど、相場は19万円くらい。
走行距離分そこから引かれるみたい。

大体半分の10万くらいの値がつけば、大勝利だろう。

ジムニーの場合は箱だけ(フレームを外した状態)でも欲しい人はいるから、買い取りは大丈夫でしょうってことだった。


いくらでも月々のローンの支払い額が少なくできれば、今後のリフォーム、土地購入の時に審査が通り易くなる。


それを目的とした、今後10数年先を見越した買い物だと思っている。


ただ、実用一点張りで買う訳ではない。

そうであれば、FF車のエネチャージがついているグレードでCVTならば、リッター37キロという数字を叩き出すようなので、そちらを選ぶのが正解だろうが。


ここで、4WDのMTを選ぶ理由。


「楽しそうだから」


である。

だって、小さくてなんだかオモチャみたいで、いじりやすそうで、楽しいじゃないか?


それならワークス買えよということになりそうだけど、何回も言ってるが、ワークスに150万円出すなら新型ジムニー買う。


経済性と、遊び心を両立させようと選んだのがこのグレードFのMT、4WDである。



今回も長く乗る車を選ぶのだ。楽しいのは大事な要素だと思う。